社内での浮気の証拠を尾行調査して掴んだ体験談

同じ職場内で社内不倫していたカップルが、会社で問題になった時の話です。
男性は37歳既婚者・子持ちで女性は22歳1年目の新入社員でした。
この二人は距離感が異常に近く、雰囲気で男女の関係になっていることが分かりました。

 

 

社内の人間から本人達に不倫を止めるように言いました。
ところが、浮気の証拠がないとか、労基署に話をするとか完全に開き直った態度を見せられました。

 

逃れようのない物証を突きつけようと社内の何人かで考えました。
二人がいることで仕事の効率が落ち、人間関係にも大きな悪影響を与えていたので心を鬼にして、浮気の証拠を集めることにしました。

 

特に女性はサイコパスのような攻撃性の高い性格をしていましたので、早く自主的に退社してもらう必要も感じていました。
先ずは不倫場所となっている女性の自宅(会社借り上げのマンション)の隣人(女性の同期)に協力を仰ぎ、二人の行動を観察しました。

 

バレたら逆に訴えられかねませんので、慎重に行いました。
撮影したのは二人が手を繋いで部屋に入る写真です。

 

参考:浮気の証拠写真の撮り方と裁判でも証拠になるものは?

 

この写真を男性の奥様に見せて、社内不倫の事実を伝えました。
そこからは修羅場に発展し、奥様が二人を訴えて裁判になり、多額の慰謝料と養育費を払うことになったそうです。

 

程なくして当事者の二人は退社し、会社には平穏な日々が戻りました。
社内不倫は本人達はバレていないと思っていても、距離感や空気感で伝わってしまいますので、行う方は慎重にやる必要がありますし、浮気の証拠を残さないように気を付けましょう。

 

妻と職場の上司が不倫、浮気の証拠を尾行して調査

ごく普通の生活をしていました。
結婚して9年。

 

 

子供は小学3年生の9歳の子が1人。
ごく普通の3人家族でした。
子供も手が掛からなくなり、妻も生活費の足しにたいという事で、パートで働くことになりました。
ここからが妻の浮気スタートでした。

 

結論から言えばよくある上司との職場恋愛でした。
恋愛っていうより不倫‥ダブル不倫ですね。

 

働く事に対して私は賛成しておりましたし、私も1馬力で頑張ってきたので、少しは楽になるかなあと思ったのが率直な思いでした。
あまり派手な方な妻ではなかったので、どちらかというと地味な方だったので、今思えばまさかという感じでした。

 

働き出して最初は土・日・祝には仕事を入れないようにやってたのですが、時間がが経ち、前は入れてなかった日に仕事が入るようになりました。
妻は人が足りないから仕方なく出さされてると愚痴を言ってましたので、私も大変やなと思い、頼りにされてるなら無理なくがんばれよと応援していました。
そんなある日、妻が1つのミスをしてしまい、それが私の妻を疑うきっかけとなりました。

 

いつも持っていく職場のエプロンでした。
マメなタイプだったので、なにをするにも前の日からちゃんと用意する人だったので、エプロンを忘れるなんてありえないなと少し思ってはいたのですが、その時はなにも触れず、職場に予備がきっとあるのかなと思う事にしました。

 

それからは夜に出歩く事もなかったのに、職場の飲み会やら久々に友達と会うやらとかで、よく出歩くようになりました。
わかりやすい性格で、ウソがヘタなので、すぐに気づきました。
妻は浮気してるなと。

 

 

私も妻に最近よく出歩くねとか、休みの日に仕事多いねとか聞くと、妻は平然なふりをしようとしてるのですが、それができない為に、疑えば疑う程、自分からボロが出るというなんとも情けない話です。

 

それでも私には何もないと言うので、私は、「分かった悪かった」と謝ったら、妻もまだバレてないとホッとした顔をして、また休みに日に仕事に出かけました。
完全に安心してたみたいで、私が尾行して後をつけていた事にまったく気づかず、パチンコ屋の駐車場で待ち合わせして、そのまま男に車に乗って妻はそのままホテルに行ってました。

 

パチンコ屋で、妻の車の横に自分の車をつけて待っていたら、3時間後に帰ってきました。
帰ってきた時の妻の驚きの顔が忘れられません。
あの時私は勝ったなって思いました。

 

実際は妻を寝取られてますけど、もうその時は愛情もなく、ただの情と子供の母親くらいしか思ってなかったので、浮気されても悲しくはなく、それを突き止めた優越感でいっぱいでした。
上司の顔も、今でも覚えていて、よくドラマとかである顔をしてたのが印象的です。

 

その後はもちろん、そこの職場は辞めて、また専業主婦をしています。
離婚を考えたのですが、子供の為にと思いしませんでした。

 

できない人がこんなことをするからすぐにボロがでる。
疑えば疑う程ボロがでる‥本当にどんくさい妻です。

 

友人の旦那の浮気の証拠を掴むために尾行して修羅場

以前、友達から「旦那が浮気をしているみたい」と相談をうけました。
当時、彼女には1歳の子供がいて、旦那さんと三人家族でアパートに住んでいました。
旦那さんは、転職したばかりで工場勤務をしていました。

 

 

彼女の話を聞くと、残業が無いのに帰りが遅くて、全ての行動が怪しいとの事でした。
証拠も特になく彼女の感だけでしたので、アドバイスも出来ずにその日は終わったのですが、後日また彼女から連絡があり話を聞くと、旦那さんがお風呂に入ってる間にお財布を確認したら、中から知らない女の人の写真が出てきたんです。

 

浮気の確信を得た彼女が、写真を見せながら旦那さんを問い詰めると、逆に「プライベートの侵害だ」と逆ギレされて、その後話も出来ずに流されてしまったらしいのです。
怒りが収まらない彼女でしたが、その場はぐっと我慢しました。
でも、明らかに証拠は彼女の手に入ったのです。

 

そこで現場を押さえたいから、付き合って欲しいとお願いされました。
決行の日がやって来ました。

 

旦那さんにバレない様に、私の彼氏の車に乗り、仕事場の駐車場で待機していました。
すると、仕事が終わった旦那さんが現れ、後ろにはお財布に入っていた写真の人が着いて来ていました。

 

二人で旦那さんの車に乗り込み、彼女の家に直行。
その後を私達も車で尾行。
二人仲良く、彼女の家に入っていきました。

 

少し離れた所に車を止めて、この後どうするか相談していたら、30分程して二人が部屋から出てきました。
その場で、怒りが爆発した彼女が車から降り、すかさず現場を取り押さえ修羅場と化しました。

 

その後は、旦那さんと二人で車に乗り自宅に帰って行きましたが、気付けば浮気相手の女の人は逃げ出していました。
その後、旦那さんを許した様で、離婚せずにいる彼女です。

 

浮気調査で夫を尾行して証拠を掴んだ!

夫が転職し飲み会が多くなりました。
入社したばかりで誘われたら断れないからといっていましたが、朝方帰ってくることも少なくありませんでした。

 

 

そのころからクレジットカードの請求書に居酒屋やレストランでカードを利用していて、会社の飲み会なのにおかしいなと思っていました。
聞くと金がなかったので、まとめてカードで支払ったといっていたので、あまり気にしていませんでした。

 

そういうことが続き、ある夜いつものよに飲み会といって深夜に帰ってきたときに、間違いなく女性ものの香水の匂いがしました。
夫が着替えたスーツの匂いを嗅いでみると間違いありませんでした。
シャツからも同じ匂いがしました。

 

夫に何気なく聞いてみると、キャバクラに行って、女の子が隣にいたんでと釈明していましたが、疑念が膨らみました。
よく考えてみると転職して3ヶ月になりますが、それと期を同じくして夜の営みが途絶えていました。

 

私が誘っても、転職したばかりで気を遣うので疲れた、とよく拒んでいました。
しかしなんの証拠もないし、まさか夫がと思う気持ちもあり、知らぬ顔をしていました。

 

しばらくして夕方飲み会になったとメールがはいりました。
私は用事で夫の会社の近くにいたので、軽い気持ちで尾行してみようと待ち伏せしてみました。

 

数時間張り込み、会社から夫が出てきたので尾行を開始しました。
しばらくしてあるカフェに入っていきました。

 

店の外で待つと、結構若い女性と出てきました。
そのまま二人はイタリアンのお店に入りその後バーに行き、多分その女が住んでいると思われるマンションにコンビニの袋を下げた二人は入っていきました。

 

私はもうずっとショックで頭が真っ白で、半ベソ状態で家に帰りました。
帰って証拠の写メを観ながら号泣です。
知らないならしらない方がよかった、と後悔する気持ちと裏切られた悔しさでいっぱいでした。

 

深夜夫が帰宅し今日のことを全て話し問い詰めました。
相手は会社の人事の女性で、入社に際し仲良くなったが、食事や飲みに行くだけでそれ以上の関係はないと否定しました。

 

実際マンションの部屋の中でなにをしていたかまでは見ていないので、何も言えませんでしたが、ウソをついたことは誤っていました。
限りなく黒に近いグレーですが悔しいようなホットした気持ちもありましたが、それ以来夫が必要以上に優しくなったのと、飲み会があまりにもすくなくなったので、多分間違いなく浮気だったのでしょう。

 

自分で尾行調査した結果の浮気の証拠

女性には直感があるとよく言いますが、それは男性にもあると思います。
私が、まさにそうでした。
何となく、妻の様子がおかしいような気がしたのです。
会話をしていても、別のことを考えているような、心ここにあらずという感じがしました。

 

 

最初は、疲れているのだろうかなどと考え、あまり気にしないようにしていました。
しかし、もしかしたら他に好きな人がいるのかもしれないと思い、不安になりました。

 

妻に聞いたところで本当のことを言うとは思えなかったので、自分で調べてみることにしました。
妻が入浴している間に、スマホをチェックしようと思い、探してみたのですが、浴室に持って行ってしまっていたのです。
普段なら、リビングに置きっぱなしになっていたので、持って行っていること自体に違和感を覚えました。

 

また、夜中にトイレにこもってスマホをいじっていることもあったので、完全に怪しいと思いました。

 

何かしらの証拠が欲しいと思った私は、妻の財布やその他の持ち物を確認しました。
特に、これといった物は出てきませんでした。

 

そこで、もう後を付いて行ってみるしかないと思ったのです。
1人では不安だったので、信頼できる友人に相談して付いてきてもらいました。
夜出かけると言っていた日に、妻を見送るフリをして尾行しました。

 

妻のことを疑って、探偵のようなことをしている自分に罪悪感もありました。
でも、真実が知りたいという気持ちの方が勝ったのです。

 

妻が先に着いたようで、待ち合わせ場所と思われる場所に立っていました。
そこに到着したのは、私よりも若そうなスラリとした男性でした。
会った瞬間腕を組み、食事に行っていました。
食事が終わるのも待ち、尾行を続けると、ホテルに行くところも見てしまいました。
私は取り乱していましたが、友人が冷静に写真を撮っていました。

 

その日の深夜、妻に証拠を突き付け、別れることになりました。

 

友人に尾行を頼んで夫の浮気の証拠を掴んだ調査体験談

私の夫は、同じ会社の後輩と浮気をしたことがあります。
浮気をしているのではないかと気づいたきっかけは、夫の帰りが遅くなったことでした。

 

 

最初は仕事でという理由だったので仕方ないと毎日待っていたのですが、それが頻繁になり、遅い日は終電で帰ってくる日もありました。
夫は繁忙期だからと言っていましたが、そんなに繁忙期が続くのもおかしいと思い浮気を疑いました。

 

調査は夫の同僚であり、私の友人でもある人に尾行をやってもらいました。
友人に頼んで夫の1日の行動をわかる範囲で観察してもらったり、夜本当に仕事をしているのかを仕事にきたさない程度に調査してもらいました。
その結果夫は私に遅くなると言った日は、本当に仕事をしている日もあれば、早く退社していたことも判明したのです。

 

友人はその日を狙って夫を尾行してくれました。
驚いたことに、会社から少し離れた駅でおりて同じ部署の後輩と会っていたのです。
二人はご飯を食べてそのまま後輩の家と思われるマンションへと消えていったそうです。

 

友人は証拠に写真と動画も撮ってくれており、後日、私はそれらを夫に見せました。
夫は全てを白状して、泣きながら謝罪をしてきました。
浮気をした理由は、その後輩が彼氏にフラれたりして、相談にのっていたところ酔った勢いでやってしまったようです。

 

その後、ズルズルとセフレのような関係になってしまったということです。
私は夫も後輩も好き同士ではなかったこともあり、今回の浮気は許すことにしました。

 

その後、夫は今までやらなかった家事をやってくれたり、気持ち悪いくらいに優しかったりと、違和感も感じるほどの愛情を示してくれています。
なんだかんだで、そんな夫も今でも愛しているので、これはこれでいいかなとも思っています。

 

携帯の着信履歴やメール、ラインの記録などは、浮気の証拠としては弱いことをご存知ですか?
裁判や調停でも通用するのは写真や動画ですが、決定的な瞬間を撮影するのは難しいものです。

浮気の証拠を掴むには、専門家に依頼するのが一番ですね。

>>浮気の証拠を掴む方法は?<<