出張や外泊が急に増えたら浮気の証拠かもしれません!

男性の浮気をしている証拠は外泊の多さで判断できます。
普通のサラリーマンであれば平日昼間は仕事があるので、浮気相手と会うのは平日の夜か週末ということになります。

 

 

たしかに平日夜に会ってホテルに行って自宅に夜遅く帰ることは可能です。
しかしやはり時にはホテルに泊まったり、相手の女性のところに泊まったりすることになります。
出張が多いサラリーマンの場合は要注意です。
泊りがけの出張と偽って、彼女と一緒にすごす可能性があります。

 

またよく飲み歩いて夜はサウナに泊まったり飲み友達の家に泊まったりしている男性も要注意です。
よく夜遅くに飲み友達から今晩はご主人をお借りしますなどと電話がはいる場合は、アリバイ工作に使われている可能性があります。
出張がほとんどなかったサラリーマンが急に出張が増えたなどというのも注意です。

 

これらの疑わしい出張や外泊が増えたらまず浮気をしている可能性がかなり高いでしょう。
どうしても証拠を押さえたければ興信所や探偵社に頼んで、出張するという日前後の行動を尾行してもらうのが間違いありません。

 

とにかく外泊はどんな理由であれ浮気の可能性が一番高い要件です。
何度もあったり急に増えた場合は可能性が高いといえます。

 

浮気した夫の外泊の言い訳

別れた元夫は、私が妊娠してからだんだんと様子が変わりました。
お腹の大きい私、出産後に母乳を与えている私の姿に、女性として見れないと言いました。
誰が妊娠させたんだと腹立たしく感じました。

 

 

その頃から、帰りは早朝になったり外泊になったり、心配して電話してもつながらりません。
そして、飲み屋の椅子で寝てたとか、車の中で寝てしまったとか、訳のわからない言い訳をしていました。
私は、子育てに追われていましたし、純粋だったので、浮気の心配はしていませんでした。

 

ところが、その日は、元夫が家に珍しくいて、早朝に元夫の携帯にメールが入りました。
普段は、携帯を勝手にみないのですが、寝ぼけていたのか、無意識に携帯のメールをみました。
そこには浮気の証拠となる、相手からの生々しいメールが入っていました。

 

私の目は、一気に覚めました。
翌朝、浮気の証拠となるメールについて問い詰めると、夫は勝手に携帯をみたことに激怒しました。
私を非難し、メールについてはしらばっくれていました。

 

その頃、元夫は多額の借金もしており、病気の父親の面倒はすべて私に任せっきりで、本当に召使いのような扱いをされていた私は別れる事を決意しました。

 

こんな、おしんみたいに耐える生活に加え、浮気されてさらに逆ギレされて、一緒にいる意味がないと確信しました。
結局、この裏切りがきっかけで、夫と別れることになりました。

携帯の着信履歴やメール、ラインの記録などは、浮気の証拠としては弱いことをご存知ですか?
裁判や調停でも通用するのは写真や動画ですが、決定的な瞬間を撮影するのは難しいものです。

浮気の証拠を掴むには、専門家に依頼するのが一番ですね。

>>浮気の証拠はどうやって掴む?<<