MENU

浮気の証拠写真の撮り方と探偵に不倫現場撮影を依頼した体験談

 

浮気の証拠には、メール、ライントーク、ボイスレコーダーなど様々なものがありますよね。
ですが、それぞれ単体で証拠能力としては弱いのが現実です。

 

それというのも、裁判などで争われる場合、浮気というのは不貞行為があったかどうかという点が、論点になるからです。
好意のような感情、食事や一緒に遊ぶといった行動は、そもそも浮気としては認めれません。

 

浮気の証拠は不貞行為を証明するもの

メール・ラインのやりとりはしたけど不貞行為はしていない、といった具合に胡麻化されると、裁判には勝てません。

 

メール内容に性行為を思わせるような文章があっても、恋人ゴッコだったなど、いくらでも言い訳は可能です。

 

そのため、浮気が客観的に認められるためには、複数の証拠を集める必要があります。

 

浮気の証拠写真は裁判所でも認められるものが必要

裁判でも証拠になるものとして決定的なのは、浮気の現場の写真です。
とは言え、浮気の証拠写真になるような状況や撮り方でなければ、意味がありません。

 

このページでは、浮気の証拠写真の撮り方、裁判でも証拠になる写真の内容について解説しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

浮気の証拠写真で不倫・不貞行為を証明

 

裁判では、浮気があった事実を証明する必要がありますが、ここで事実とは不貞行為(性行為)のことを指しています。
ですので、単に一緒にいる写真を撮ったからといって、証拠能力はありません。

 

例えば、遊園地でのデート、レストランやバーで飲食している写真などは、それだけで浮気の証拠になるものではないのです。

 

どういった写真である必要があるのかと言えば、以下のようなものです。

 

  • ラブホテルに二人で出入りしている写真
  • シティホテル・相手の家に二人で出入りしている写真(複数回)

 

シティホテルの場合、ビジネスで利用する人も多いので、宿泊していたり、宿泊していなくても時間帯が夜であることが望ましいです。

 

不貞行為を証明する写真は、このように特定の状況に限定されるため、撮影自体の難易度も高くなります。

 

浮気の証拠写真の撮り方

 

浮気の証拠写真の撮り方は、はっきり言って簡単ではありませんし、必要な機材も高額です。
例えば、ラブホテルに二人で出入りするところを撮影するとします。

 

相手に気づかれないような写真の撮り方では、高倍率の光学式ズームのカメラが必要です。
夜間に、フラッシュを使わなくても顔が判別できる写真の撮り方では、赤外線投射機や暗視カメラも必要です。

 

浮気の証拠写真をスマホで撮るのは難しい

スマホのカメラ機能を使えば、簡単に写真を撮ることができますが、浮気の証拠になるような撮り方はできません。
スマホのカメラにもズーム機能はありますが、デジタル式ズームなので拡大すると画像がモザイク状になってしまい、証拠能力がありませんし、夜間撮影などはそもそも無理です。

 

浮気の証拠写真はプロの探偵に依頼した方が安上がり

プロが使う専用機材を購入したとしても、使いこなすのも難しいですし、探偵を依頼するよりも高くつくので金銭的に割が合いません。
浮気の証拠写真を撮るだけなら、プロの探偵に依頼するのが、結局安上がりです。

 

浮気相手の家に出入りする証拠写真を撮った体験談

 

夫が浮気を匂わす行動をするようになりました。
浮気の証拠のため携帯電話をチェックすると、会社の部下と不倫していることがわかりました。
本人に問いただしても否定し、逆切れするだけでケンカになり疲れてしまいました。

 

浮気の証拠写真を探偵事務所に依頼

夫の言い分では、まるで私の頭がおかしく、このままでは別れるしかないと言われ、夫に浮気を認めさせるために探偵事務所に、写真や動画などの証拠調査を依頼することにしました。
何個所か電話をしたところ、印象が良かった一か所に搾り、相談員と呼ばれる方と面会しました。

 

面会場所は、自宅近くのファミリーレストランでした。
相談員の方は50代後半ぐらいの女性の方でした。

 

華やかな雰囲気の方で、話しやすい方でした。
私の健康状態を気遣ってくださる言葉があり、その後、夫の浮気の経緯を話しました。

 

浮気の証拠写真を撮ってもらう費用は高額

そして、具体的な費用の話になり、予想はしていましたが私にとってはかなり高額でした。
いつまでもうじうじしている自分が嫌で、思い切って浮気の証拠調査の依頼をする事にしました。

 

依頼書に自宅の住所、夫の勤務先、自宅を出る時間、自宅の出入口や通勤のルートなどを記入し、口頭でも伝えました。
そして、用意しておいた夫の写真を渡しました。

 

調査の日は、もう一度検討して連絡することにして別れ、翌日、費用を振り込みました。
夫との会話から、この日は不倫相手に会うのではないかという日を割出し、興信所に伝えました。

 

浮気の証拠写真で夫に不倫を認めさせた!

浮気の証拠調査は、朝自宅を出てから帰宅するまでの1日の行動です。
朝からドキドキし、夫が夜遅くに帰宅するまで落ち着きませんでした。

 

一番落ち着かなかったのは、翌日の午後に興信所から調査の報告があるまでの時間でした。

 

結果は、やはり女性の自宅に行っていて、その証拠の写真や動画も撮れたそうです。
後日改めて、書面となった詳細な報告書が届きました。

 

私は、証拠の写真や動画を夫に見せることなく、浮気相手の女性の住所を確認し、夫と女性が一緒にいる時間に直接行きました。
そして、夫を連れて帰り、3年経ったいまでも一緒に暮らしています。

 

探偵事務所の浮気の証拠写真の撮り方は完璧

 

私は結婚して10年目を迎える30代の女性です。
私と夫は結婚当初はお互い愛し合っていたので、仲良く夫婦生活をしていました。
しかし私が子供を出産してからは、私から気持ちが離れていくのがうすうすと分かりました。

 

夫の携帯から浮気相手の写真が出来てきた!

そしてその頃から夫の帰りが遅くなることが多かったので、もしかしたら浮気をしているのではないかと疑いました。

 

そのためいろいろと夫のものをチェックしていたら、携帯電話に知らない女性とのツーショットの写真が写ってました。
私は浮気をしているのは間違いないと思いました。

 

浮気の証拠写真を撮るための探偵に依頼した!

そして夫に事実を認めさせるには、ラブホテルに出入りする写真のような、証拠になるものが必要になってきます。
そのため私は物証を掴むために探偵事務所に依頼することにしました。

 

探偵の浮気調査は、かなり細かいところまで調べてくれると聞いていたので、証拠を掴むには最適の方法だと思いました。

 

そして私は実績が1000件以上ある、原一という大手の探偵事務所にお願いしました。
この探偵事務所は100人近くの所員がいるので1案件に複数の人が関わってくれます。

 

浮気の証拠写真で夫を問い詰めた!

調査は短期間で終わり、かなり細かいところまで調べてくれたので、証拠としては十分すぎるものでした。

 

その後、夫に対して探偵に尾行をしてもらって撮った写真や、資料を元に問い詰めたら、あっさりと認め、もう絶対しないと私に約束してくれました。

 

探偵に浮気調査をしてもらって正解でした。
当たり前ですが、携帯の中の女性の写真も削除させました。

 

浮気の証拠写真としてはデジカメ画像では弱い

 

浮気調査の証拠を掴むために、自分で尾行などをして後をつけるということを行っているケースもあるかもしれません。

 

それで決定的瞬間とも言える写真を収めたとしても、それがデジタルカメラだった場合、裁判などでは物証能力があまり発揮できません。

 

浮気の決定的瞬間といえども、状況証拠として扱われる可能性もあります。
それは何故でしょうか?

 

浮気の証拠写真としてデジカメ画像が弱いのは編集・加工できるから

それはデジタルデータの写真は編集することが簡単だからです。
だからこそ、いくら綺麗にとれるとはいえ、デジタルカメラは、都合のいいように編集もできてしまうため、そこが欠点とも言えます。

 

今はデジタルカメラしか持ってないという家庭は多いかもしれませんから、そうであれば浮気調査で証拠を自力で掴むのは困難かもしれません。

 

浮気の証拠写真は探偵に依頼するのがおすすめ

そうなれば、やはり探偵事務所に依頼をして、プロにやってもらうのが良いかもしれません。
浮気の写真を撮影するまでに尾行の段階でバレるというリスクもあるので、尚更普段からそういうことに慣れている人たちの方が良いわけです。

 

下手にバレて、警戒されて、余計に証拠が掴みづらくなるのは避けたいので、自分で動いて失敗する可能性、確実に掴むのは難しいという可能性を考慮するならば、探偵事務所や興信所の依頼して、決定的な浮気の写真を撮影してもらった方が良いでしょう。