婚約者に浮気の証拠が発覚して婚約破棄した体験談

以前、同棲中で婚約者の彼に、怪しい行動が目立つようになったことがありました。
それまで携帯電話を気にせずそこらに置きっぱなしにしていたのに、急に肌身離さず持ち歩くようになりメールや電話が鳴るとトイレに籠もったりわざわざ外に出るようになったのです。

 

また、それまで服装に無頓着だったのに、突然新しい洋服をたくさん買うようになったのも不自然で、婚約者の浮気を疑うようになりました。

 

しかし、不貞行為の現場を押さえるために、素人が尾行や隠し撮りをするのは難しいと思ったので、興信所に頼むことにしたのです。
浮気調査を依頼することにしたのは、ネットでの評判が高く実績も豊富な探偵会社にしました。

 

無料で相談に乗ってもらうことが出来、彼の尾行の進め方や費用についてもわかりやすく丁寧に説明してもらうことが出来たので、安心して依頼することが出来ました。

 

調査をしてもらったところ、やはり婚約者は浮気をしていたということが分かりました。
疑ってはいたものの、やはりショックでした。。

 

彼は、もう浮気は絶対にしないと言われたのですが、信用出来ないのでそのまま婚約破棄して別れることにしました。
調査費用はかかってしまいましたが、結婚してから事実が分かってからでは遅いと思うので、探偵事務所に依頼して本当に良かったと思っています。

 

婚約者の彼女の浮気で婚約破棄

わたしが彼女に浮気されたのは20代前半の頃です。
当時一つ年上の彼女と婚約していて、なるべく早く結婚したいねと話すほど関係は良好でした。
しかし、ある時から彼女の仕事が急に忙しく、帰宅時間も終電や、土曜日も出勤していました。

 

 

最初は大変だなと思っていましたが、態度も少しよそよそしくなり、わたしと一緒にいるのを避けているように思えてきました。
ひょっとしたら浮気をしているのではないかと、考えましたが、彼女の携帯は、その辺に置いていて、ロックも掛かっていないので観ようと思えばいつでも見ることが出来ました。
さすがに、こんな不用心なわけがないと思い少し安心していました。

 

しばらくして小学校からの友人から呼び出され、わたしの彼女が男性と二人で歩いているのを見たと言い出しました。
最初は仕事関係の人かと思ったそうですが、手をつなぎながら歩いているので、これは浮気をしているのではないかと思ったそうです。

 

もともと彼女を疑っていたので、これは間違いないなと思いましたが、決定的な証拠が無い為、直接本人に問いただそうかと思って調査したところ、彼女の大き目のカバンから、観た事もない携帯が見つかりました。

 

彼女は携帯を二台持っていて浮気相手とはこちらを使って連絡を取り合っていたみたいです。
ちなみにその携帯は、相手のものらしく、メールのみのやり取りで電話はしなかったそうです。
あっさりと浮気の証拠も見つかったので、婚約破棄して、そのまま破局となりました。

携帯の着信履歴やメール、ラインの記録などは、浮気の証拠としては弱いことをご存知ですか?
裁判や調停でも通用するのは写真や動画ですが、決定的な瞬間を撮影するのは難しいものです。

浮気の証拠を掴むには、専門家に依頼するのが一番ですね。

>>浮気の証拠はどうやって掴む?<<