ドライブレコーダーで浮気現場を暴いた体験談です。

ドラレコをご存知でしょうか。
ドライブレコーダーの略で、車の走行中の映像を記録することができる機械です。
私はそれを利用して、旦那の浮気現場を暴きました。

 

 

そもそもドラレコを車内に設置したのは旦那で、同時に私に内緒で遠出をすることが増えました。
システムエンジニアとして活躍している私は、ドラレコのシステム的な構造を把握して怪しさの元が何かを確認したくなりました。
ドラレコは音声も保存することができることに着目し、夜中のうちにドラレコの音声をリアルタイムで私のパソコンに送信する仕組みを追加しました。

 

さらに、映像の記録媒体を当時では最大容量のものに交換し、2日間もの間映像データが上書きされないようにしました。
そうして迎えた週末、夫は笑顔で家を出ました。
それと同時に、私はパソコンの電源を入れました。

 

実験通り、私が組み込んだ仕組みは問題なく作動しており車内の音声が夫婦の寝室に響き渡りました。
しばらくすると、聞きなれない女性の声が聞こえてきました。
ついに浮気現場を押さえることができたのです。

 

話の流れから他県の高級料理店へ向かうようでした。
ドラレコのGPSを頼りに場所を突き止め、タクシーで高級料理店へ向かいました。
お店から出てきた2人は、仁王立ちで待ち構えている私を見て青ざめた顔をしていました。

携帯の着信履歴やメール、GPSの記録などは、浮気の証拠としては弱いことをご存知ですか?
裁判や調停でも通用するのは写真や動画ですが、決定的な瞬間を撮影するのは難しいものです。

浮気の証拠を掴むには、専門家に依頼するのが一番ですね。

>>浮気の証拠はどうやって掴む?<<