裁判や離婚調停で浮気の証拠になるものは?

最近ファッションのセンスや化粧が変わった、外出が増えた、携帯電話を肌身離さず持っているといったことから、なんとなく直感で浮気しているかに気づくことが多いです。
しかし、そういった出来事から不倫していると分かったとしても、離婚調停や裁判で認められる証拠とすることはできません。

 

離婚調停や裁判で効力のある浮気の物証を集めようと思ったら、ずばり、不貞行為をしていた事実を証明するものでなくてはなりません。
例えば、ラブホテルに出入りする写真や映像などは有効です。

 

 

ただし、1回程度の証拠では、離婚や慰謝料を認められない場合が多いです。
確実に物証としたいのであれば、3回以上の写真が必要となります。

 

また、少なくとも40分以上ラブホテルに滞在している場合のみ、証拠としてみなされることがほとんどです。
短時間のラブホテルの滞在である場合、不貞行為として離婚調停や裁判では認められないことが多いので注意しましょう。

 

さらに、浮気相手との密会場所がアパートなどの場合には、5回以上通っている証拠が必要となります。
訪れる理由が必ずしも肉体関係であるとは言い切れないため、より親密であることを証明する必要があるのです。

 

意外に、離婚調停や裁判で認められる浮気の証拠を集めるのはなかなか大変です。
探偵事務所の調査の費用が高いのは、この大変さがあるからだと頷けます。

 

証拠として有力なものはやはりラブホテルへの出入りの映像

浮気の証拠集めは慎重に行うべきです。
浮気されたショック、悲しさ、辛さはあっても、感情的になったらダメなのです。
離婚する、しないはまた別問題として、とにもかくにも証拠です。

 

 

証拠がないのに配偶者に浮気をしたことを問い詰めても正直に謝って反省することはありませんし、証拠があったところで浮気に走った者というのはそれなりに理由を持っているのであなたの思うような言葉や態度はまずないと覚悟もしておくことです。

 

一番、やってはいけないことは、浮気相手をかぎまわったり、嫌がらせをしたり、会社や親に言いふらすなどして社会的に傷つけてしまうことです。
それをしてしまうと、いくら浮気の証拠があったところで名誉棄損で逆に訴えられたら慰謝料どころではありません。

 

一番、証拠として有力なものはやはりラブホテルへの出入りの映像だといえます。
ただデートしている、メールでやりとりしている、食事をしているでは、不貞の証拠とは言えなくもない、疑われても仕方ないけどでも違うと言われれば確かに違うというあいまいなものではダメなのです。

 

ラブホテルというのは目的は性行為をする場所という概念がありますから、これは言い逃れが難しいと言えますよね。
ただし、1回ではなく複数回あるのが望ましいと言われています。

 

確かに1回では「たまたま具合が悪くなったから」と言い逃れることもできますから、そういうことも考えてやはり複数回が確実でしょう。
悔しい気持ちを我慢して、冷静になって相手の動くのを観察するしかありません。

 

裁判でメールは浮気の証拠として認められない理由

浮気の証拠を掴むために、配偶者などの携帯電話、スマートフォンをチェックしている人もいるかもしれません。
そして、見知らぬ異性からメールが来て、浮気をほのめかすような内容がそこに書かれていたりすると、それは浮気の証拠になるのではないか?
と思うかもしれませんが、それが浮気の証拠として認められるケースは多くないでしょう。

 

 

というのも、浮気の場合には不貞行為がないといけないのですが、メールの場合には通常それを示す文言はないと思われます。
些細なやり取りがメインだと思うので、浮気をしている可能性は高いと見ることはできるかもしれません。
しかし、客観的に浮気をしている可能性が高くても、不貞行為を裏付ける証拠がないと、証拠と言えないのです。

 

そして、メールでは不貞行為を裏付ける文言が含まれていることはまずないと思いますから、メールから浮気の有力な証拠を見つけることは事実上困難であると言えます。

 

困難ではあるものの、これはないよりはマシだと思いますから、そういうメールを見つけることが全く無駄というわけではなく、それも1つの資料としたうえで、別のさらに有力な証拠を見つけないといけないので、メール以外の場所を探っていくと良いのではないでしょうか?

携帯の着信履歴やメール、GPSの記録などは、浮気の証拠としては弱いことをご存知ですか?
裁判や調停でも通用するのは写真や動画ですが、決定的な瞬間を撮影するのは難しいものです。

浮気の証拠を掴むには、専門家に依頼するのが一番ですね。

>>浮気の証拠はどうやって掴む?<<