浮気の証拠を集める方法とは?

証拠として有力なものは、ラブホテルに出入りした時の写真などが一番確実なものとなります。
確実に物証を集めていく場合では、携帯電話のメールや通話記録だけでは、言い逃れして浮気を認めなければ強く押し通すことが難しいです。
確実に行くなら二人でいる瞬間を日数をまたいで複数枚集めるのが確実です。

 

 

言った言わないなどの話になると問題にもなるので、言い逃れできないように音声録音をしておくことも重要です。
浮気の証拠は相手が言い逃れが出来ない状態にさせることですので、疑わしい状態ではなく確実性を持たせることが大切です。

 

写真やビデオを取る場合ですが、昼間であれば問題ありませんが夜になるとくっきり取れるようなカメラが必要になるので、可能であれば探偵にお願いすることも考えることも無駄ではありません。

 

個人でできる内容であれば、1日の行動のメモやお子さんがいれば、親に預けている間どこに行っているかなどを記録していきます。
口論が多く、浮気や離婚を匂わす発言があれば、その都度音声で録音しておくことも大切です。

 

慰謝料も含めて自分が損をしないようにしていくには、言い逃れできないように確実な準備をしておくことと自分が被害を受けたと証明する準備をしておくことが大切です。

 

特にスマートフォンや携帯電話はプライベート情報がたくさん詰まっていますので、浮気の証拠をつかむきっかけにはベストなものですので、集める場合はこういったところから少しずつ集めることが大切です。

 

自宅で浮気の証拠を集める方法

パートナーが浮気しているかもしれない、と感じ取ったとき、その真実を知りたいのか知ってしまったらどうするかをまず考えましょう。
どのみち一緒にいたいと願うなら、知らずにいたほうがよいこともあります。

 

 

浮気の証拠集めをすることを決めたら、とにかく泳がせることです。
まったく知らないふりでいつものように接することです。
これができるかできないかによって結果に大きな影響がでます。

 

そしてまず自宅でできることから、水面下で作業します。
まずは携帯電話のチェックです。
相手が寝ているときが最大のチャンスです。

 

そしてその前に相手の携帯電話の使いかたを熟知しておく必要があります。
携帯を閲覧した後はもとのとおりにもどさなければならないからです。
怪しいものがあればてっとりばやく自分の携帯電話に写真として保存しておきます。

 

それから車です。
相手が飲み会のときがチャンスです。
特に男性は車の中は安心できる自分だけの空間という認識がありますから、無防備に証拠品を残すことがあります。

 

レシートや食べ物のゴミなどもチェックし自分以外の二人分あれば怪しいということになります。
これも写真に収めます。

 

そして、相手の行動をノートに細かく書き記していきます。
いつ、どういった理由で、外出した、自宅に帰ってきたということをメモし矛盾点を探ります。

 

メモそのものも大切な証拠品になります。
これを相手に見つからないように隠しておきましょう。

 

浮気の証拠チェック箇所!

最近会話が減った、仕事からの帰りが遅くなったなど、今までの行動が少し筒変化した場合、やはり浮気を疑ってしまいます。
しかし安易な行動が禁物です。
浮気の証拠を掴まぬうちに浮気の追及をしてしまうと、かえって警戒させることになるからです。

 

物証を完全にそろえてしまうまでは、浮気の追及はしてはいけないのです。
浮気の証拠はコツコツと積み上げることで集めることができますので、自分で簡単にできる方法からご紹介します。

 

 

1・まずは財布をチェックしよう
浮気をしている時はかなり慎重になっていますが、無意識にレシートをポケットや財布の中に入れてそのままにしていることがよくあります。

 

普段行かないような店で装飾品を購入したレシートや、職場近くではない飲食店でのレシートなど、この先もし探偵に調査を依頼しようと思っているなら、このレシート類は役立ちます。

 

2・ICレコーダーを持ち歩くようにする
この先、浮気相手に慰謝料請求、共有財産などの話を有利に進めたいと思っているなら、生の声を証拠にするのが一番です。

 

配偶者の車や自宅、もしくは荷物に音声で反応するタイプのICレコーダーを忍ばせ、自分に有利な音声データを記録できるようにしましょう。

 

なお、自宅の場合ならプライバシーの侵害にはあたりませんので、念のために自宅にも仕掛けておくと良いでしょう。

 

3・LINEはパソコンでもチェックできる
ここ数年で皆が使うようになったLINEアプリですが、LINEはスマホ以外にパソコンでもチェックすることができます。

 

実はLINEはパソコンからも登録できるようになっており、相手のパスワードさえわかっていれば、パソコンからも見ることができますが、通知などがスマホにもいってしまうので、行かないように設定することで、浮気相手との内容をチェックし、証拠として掴むこともできます。

 

相手にバレずに浮気の証拠を集める方法

浮気の証拠集めをしようと思った時まず考えなければならないのは、目的です。
離婚するため、浮気相手と別れさせるため、ただ知りたいため、様々ですが、そのあと相手と別れるのか、関係を継続させるのかによって、方法も変わってきます。

 

 

裁判になったとき完璧な証拠を入手しても、関係は維持したいのであればそれはマイナスになる可能性もあります。
足手にばれないよう、よく考えてから慎重に実行しましょう。

 

基本的に、尾行、本人を写真に収めるということはプロに依頼するのが無難です。
失敗して相手に気づかれてはそこで証拠集めができなくなってしまいます。
素人でも、自分が配偶者の立場であればさらに証拠集めの方法はたくさんあります。

 

風呂に入っているとき、その日相手が身に着けた衣類のポケットや会社に持って行っているカバンの中身をチェックします。
調べたら、ばれないように必ず元通りに戻します。

 

それから、クレジットカードの明細や通帳を、給料明細をチェックします。
浮気には必ずお金がかかります。
よくわからない支出や借金がないか普段見ない項目までしっかり確認します。

 

会社からお金を借りている場合もあります。
おかしいと思ったものは必ず写真を撮っておき、それがいつどこで見つけたものかわかるようにしておきましょう。

 

自分で浮気の証拠を集める方法

結婚して4年目に旦那の浮気が発覚しました。
その前から夫婦関係はうまくいっておらず、私も仕事をしていたので離婚をこちら側が有利に運べるよう浮気調査を始めました。

 

 

小さな子供が二人いて、仕事をしているので、旦那を尾行したり、待ち伏せしたりすることはできませんでした。
そこで、思い付いたのが探偵業者ですが、ネットで調べてもどこがいいかは結局決めることはできませんでした。
しかも、とにかく料金が高かったのが印象です。

 

そこで、なんとか自分でできる範囲で浮気の証拠集めを始めました。
まず、旦那の行動を探るために、セキュリティを入れると言ってGPSアプリをスマホに仕掛けました。ほぼ確実に行動を記録できました。

 

次に、LINEでの相手とのやり取りをスクリーンショットで保存して、もしもの場合に備えて私の姉に送り保存してもらいました。
次に、ネットでライターほどの大きさのICレコーダーを二つ購入して、旦那の鞄のいつも開けないうちポケットの底に入れて、二人の会話を録音しました。
相手の名前もわかったのでFacebookで検索をかけると、相手の子供の名前や学校までも知ることができました。

 

私の旦那の場合はスマホにロックをかけていなかったことと、あまりにも分かりやすい行動ですぐに証拠を沢山集めることができました。
別れを決意した方には、おすすめする自分でできる浮気の証拠の集め方です。

 

決心を固めていても、それでも自分で証拠を集めることは精神的にすごく負担が大きかったので、悩んでいる方にはあまりおすすめできませんが、全てを実行せずに、何か一つでもやってみるといいかもしれません。

 

携帯の着信履歴やメール、GPSの記録などは、浮気の証拠としては弱いことをご存知ですか?
裁判や調停でも通用するのは写真や動画ですが、決定的な瞬間を撮影するのは難しいものです。

浮気の証拠を掴むには、専門家に依頼するのが一番ですね。

>>浮気の証拠はどうやって掴む?<<