夫は浮気して子供をつくっていました。

結婚してからも8年目。
私と夫には子供がいませんでした。
子供を作らなかったわけでもなくて、出来にくかったわけでもないと思います。

 

 

ただ、2人とも仕事で出逢い、それなりの重要なポジションでの仕事を大事にしていて時にはライバルでもあり、仕事を離れれば恋人でもあり、そんな関係のまま結婚しました。

 

夫と同級生という事もあって、話も合うし仲が良くて年末年始は毎年、海外で過ごすというように経済的にも余裕がある生活をしていました。
家事については洗濯以外は分担していたものの食事に関してはほとんど外食でした。

 

今思えば、同じ会社にいたのだから結婚後は私が家庭に入り、主婦業に専念した方が良かったのかなと。。
何度も自分んを責めた事もあります。

 

私は夫に浮気相手が居る事に気付きませんでした。
あの電話に出るまでは。

 

家の中で席を外している主人の携帯が鳴り、私も知っている上司の名前で着信していたので、代わりに電話を取ると、女性の声で「明日、〇〇のお迎えお願いできるよね?」と。
上司からの電話をになんで女性の声がしたんだろう?その時は、疑いも無く間違い電話だと思い切りました。

 

今思うと、その電話の相手が主人の浮気相手だったのです。
上司の名前で登録してありましたが、名前はカタカナ表示だったので、カムフラージュさせるための登録だったんだなぁと。

 

でも、その日を境に思い起こすと不可解な事が多いなぁという事に気付きました。
同じ会社で部署は違うものの、勤務しているのに送別会や歓迎会、出張が多いなぁと。

 

 

主人に聞くのが怖かったし、そんなことある訳がない!
という複雑な思いを抱えるようになってから私は不眠に悩まされるように鳴りました。

 

気がつくと、主人との夜の生活がめっきり減った事。
自分から思い切って主人を誘ってみると「疲れているとから」と拒否された事。
私は、同じ職種でしたので疲れているのも理解できました。

 

不眠が1ヶ月以上続き、私は心療内科に行って先生に相談しました。
そして、先生からははっきり言いませんでしたが、真実を知った方が貴方のためだと言われました。
心療内科の帰りにいつも目にしていた探偵事務所に直接行って、全てを話し浮気調査を依頼しました。

 

夫と浮気相手に子供がいた

なんて悪い妻なんだろう…。。
と自分を責めるのも束の間、翌日の探偵捜査で主人に浮気相手がいる事が判りました。
そして、子供がいる事も。

 

ショックでした、せめて子供は浮気相手の連れ子であって欲しかったです。
でも探偵事務所の捜査は間違い無いのです。

 

 

浮気相手は主人が飲みに通っていた水商売上がりの女性で歳は私より一回り若く、子供は1歳を過ぎた頃でした。
私と主人が結婚してから8年でしたが、浮気相手とはもう5年間の関係だそうです。

 

子供ができたのが今から一年半ほど前で、女の子でした。
私はそのことを知ってから、すぐに会社を退職し家を出ました。
高齢の両親に心配をかける事も心が痛むので、しばらくは友人の家に居候生活をしていました。
離婚届を一方的に送り、その中に何故か「ごめんなさい」と書き添えました。

 

40歳という年齢が、子供を産まなかった自分を責め立てました。
自殺も考えました。
でも、そのボロボロの時に探偵事務所の方がとても親身になって話を聞いてくれて、法廷でハッキリさせてご主人に罪を償ってもらう事もできますよというアドバイスもいただきました。

 

心の整理がつかないまま1ヶ月が過ぎた時に、居候先の友人にも励まされて私は主人との弁護士を入れて、離婚訴訟を起こしました。
自分を大切にして、新しいスタートをするために。

 

全てを弁護士さんにお願いして主人との連絡を取ってもらい、離婚はすぐに成立し慰謝料も生活には困らない程度の額をいただく事ができました。
あの時、探偵事務所の方に「死んではダメです!貴方の人生はこれからなのですよ」と言ってくださった事に感謝しています。

 

今は実家に戻り、両親の営む自営業を手伝っています。
いずれは私が継ぐ事になると思います。

 

探偵事務所で自分のパートナーの浮気調査をを頼むなんて、ものすごく悪い事をするように思うかもしれませんが、真実を知らないままずっと生き続ける方が、悪い事だと思いませんか。
もし、私と同じように悩んでいる方がいるならば、探偵事務所に浮気調査をしてもらう事を迷わずお勧めします。
大切な人だからこそ、真実を知るために。

携帯の着信履歴やメール、GPSの記録などは、浮気の証拠としては弱いことをご存知ですか?
裁判や調停でも通用するのは写真や動画ですが、決定的な瞬間を撮影するのは難しいものです。

浮気の証拠を掴むには、専門家に依頼するのが一番ですね。

>>浮気の証拠はどうやって掴む?<<